ライブイベントのレビューサイト

新しいライブ様式(観戦後記の追記)

2020-09-19

Mudia2020 総合部門 グランプリファイナル
会場 味園ユニバース

「見たくなかった 閉店の2文字」

福岡で活動する無伴奏ラッパー、gn8mykitten(グッドナイトマイキトン と読む)がコロナ後の配信ライブで切り出した言葉です。
おそらく、東京のライブハウスの閉店のことかと思います。

自分の行きつけ”だった”、UTEROやThe Voodoo Loungeは、配信ライブと少人数観覧の複合型式で「新しいライブ様式」を模索しています。
自分は、ライブハウスへは足を運ばず、ライブ配信を見ながら量販店で買った酒を飲み、チャットを楽しんでいます。
それで浮いたお金は、投げ銭で出演者の飲み代として提供するようにしています。

「新しいライブ様式」は、配信ライブの比重を大きくしていく必要があるかと思います。
例えばライブやPVのYouTube配信は、良いツールだと思います。
YouTube配信でユーチューバーのように収益を得るためには、YouTubeパートナープログラムに加入し収益化設定をする必要があるとのことで、その申請条件は以下の通りです。

 チャンネル登録者数が1,000人に到達し、過去1年間の視聴時間が4,000時間

後半の「過去1年間の視聴時間が4,000時間」は、ライブ配信ではクリア可能かと思います。
例えば、UTERO FUKUOKAの場合、週1ペースで「ベストヒット清川」というトークとワンマンライブのスタイルでの無料配信を実施していますが、視聴回数は200~1,000回の間、ライブ時間は2時間くらいですので、仮に視聴回数が300回、視聴時間が2時間とすると、以下の計算となります。

 開催1回あたり 300視聴回数 × 2時間 = 600時間
 ※開催7回目で4,200時間が見込めるため、4,000時間を超える

問題は、チャンネル登録者数で、現時点で329人です。
このハードルは意外と高いようで、例えば、視聴回数1万回超えのPVが5本あるSACOYANで、734人、MUDIAのsonar-uで464人です。
ちなみにグランプリファイナルの勝ち残り者では、シンパシンドロームの835人が最も多かったです。

アフターコロナの「新しいライブ様式」では、このYouTubeチャンネル登録を進めていく必要があるかと思います。
なぜかと言いますと、アフターコロナでの勝ち組は、配信関連の企業が多く、広告媒体としてのYouTubeの役割が大きくなることが予想されるためです。
しかしながらライブハウスには広報がないので、YouTubeチャンネル登録は出演者やファンの拡散に頼ることになりますが、知らないライブハウスの配信を見るかと言われると微妙かなと思います。

例えば、MUDIAの企画のような全国のライブハウス代表の勝ち残り者によるグランプリファイナル。
勝ち残ったバンド、演者や そのファン。
同じ場に立った者として、既に無関係ではないと思いますので、お互いにチャンネル登録しても良いかと思います。(決勝には進めませんでしたが、SACOYANと会場のUTERO FUKUOKAもよろしくお願いします。)

自分は、以下のチャンネル登録をしました。

sonar-u
OneOnceOver
シンパシンドローム
東京ハテナバナナ
nushi(チャンネル確認できず。SOUNDCLOUD多数あり。)
アスノポラリス
みかんつぶ
おかずのり
朝日 謡
NIE'S
THE FUSE(チャンネル確認できず。)

UTERO FUKUOKA
SACOYAN


「見たくなかった 閉店の2文字」
1年後にこの言葉が身近な話とならないことを 祈ります。

(ちなみにgn8mykittenは、ベストヒット★清川【配信版】⑪の38分くらいに飛び入り参加しています)


-- 観戦後記 --

コロナウィルスが何者なのか、その対策がよく判らない中、拡大の傾向を見せていた3月、Mudia2020 総合部門の予選が始まりました。
福岡のUTEROでの予選開催は3/31。
個人的には、3月の初めから外食とライブハウスは行っていなかったので、久しぶりのUTEROのライブやスタッフ、常連客の様子が見れてうれしかったです。
当時は、配信機材も揃っておらず、現在の状況と比べると貧弱な配信でしたが、それでもライブ感は伝わるなあと思っていました。

その直後の4月初めに緊急事態宣言が出され、ライブハウスは休業状態が実質的には5月末まで続きました。
東京では閉店したライブハウスもあると聞きました。
その間、Tシャツや過去のライブ音源による支援サイトが立ち上がり、支援されたファンも多いかと思います。
一方で、多くのライブハウスでは休業中に助成金による配信機材が整備され、ライブ配信が徐々に開始され出しました。
全国のライブハウスで6月以降のライブ配信機能は大幅に強化されたと言えます。

もともとライブ配信が主戦場であるMudia2020 総合部門は、5/3に九州ファイナルが実施され、UTEROをホームとするバンドからは予選突破とはなりませんでしたが、松隈ケンタさんよりSCRAMBLES賞を受賞したSACOYANSは、それに触発された影響だと思われますが、その後のライブ配信の都度に完成度が上がり、9/16に発売された、1st Album "Yomosue" は、2020年を代表する名盤と言って過言でない作品となりました。(リリースパーティーのライブ配信で、SACOYAN泣いていました。というか、ライブ中、ほとんど目が開けられない状態に見えました。)

また、予選突破できなかったアーティストの中で、関東Aの清水ゆかりさんの歌声は、特に印象に残っています。(サビが、いい。)

当初の6月開催予定から9月開催となった、グランプリファイナル。
勝ち残った10組の演者は、それぞれに魅力がありました。
こういった企画がなければ、出会うことはなかったアーティストたちということになります。
勝者となった「みかんつぶ」さんや各賞の受賞者は、やはり、一段、光るものがあり、主催者やファンの目は確なものがあると思いました。
(特に「おかずのり」さんのファンの盛り上がりは、凄かった。)

さて、来年開催されるであろう、Mudia2021 総合部門。また、全国ライブ配信の先駆者であるsonar-u。
期待しています。
そもそも全国のライブハウスの配信機能は、2020年に大幅に強化され、我々ファンも有料ライブ配信にお金を払うことに慣れました。土壌はできているかと思います。sonar-uには、ライブ配信に注力するライブハウスとの提携やライブ配信のサブスクを期待しています。
(星野源さんの配信でも話題になりましたが、安定した配信の担保は今後の課題ですね。)

また、会場となったBIGCAT。
天井が高かったのは、配信でも判りましたが、収容人数は850人とのこと。
50%の収容で約400人。
客席の感染対策はマスクや、歓声を拍手、チャットのリアルタイム表示に代替できるとして
ステージ上の飛沫が客席に向かわないことを担保する必要があるかと思います。
例えば、送風機で客席からステージ後方の換気へと空気の流れを作り、スモーク(水蒸気)による換気の見える化などが考えられるかと思います。

新しいライブ様式の模索。
コロナ時代のサバイバル。
期待しています。
応援し続けます。

ラフロイグ 三浦

しばひふさん。すみおさん。コメントありがとうございます。そうですよね。自分もそうですが、コロナ前より自分の時間が増えた人は多いかと思います。しかし、お金は節約したい。YouTubeの無料配信とかは良いですよね。おかずのりさんもそうですが、UTERO FUKUOKAのチャンネル登録数は、鍾乳洞の鍾乳石のように少しずつ育っています。SACOYANは、アルバムリリースの影響か、竹の子のように育っています。ライブハウス未体験の方々がチャンネル登録して頂けるようになると良いですよね。(目指せ、1,000件登録)

3ヶ月前

2 Good!

すみお

他の地域の方のパフォーマンスが観られるのは配信ならではですよね。

4ヶ月前

2 Good!

しばひふ

ラフロイグ 三浦さん、こちらこそ、いつもコメントありがとうございます。 私はライブハウス初心者なので、初めてのライブハウスにはちょっと躊躇してしまいます。配信ライブが安価だとちょっと覗いてみたら、素敵なアーティストさんを見つけてしまった〜なんて出会いがあるかも…と気軽に視聴できるので嬉しいです♪

4ヶ月前

2 Good!

ラフロイグ 三浦

しばひふさん。すみおさん。コメントありがとうございます。Mudia2020 総合部門は盛り上がりましたね。ライブハウスは怖くて入れないという人も多いと思いますが、配信ライブでそういった新しいファンを取り込めると良いかなあと思っています。(実は、自分も初めてUTEROへ行った時は、怖かったです。スタッフの中西さん(IRIKO)、坂田さん(ナルコレプシン)が話しかけてくれたので、助かりましたが。) 有料配信ライブは、1,000円くらいだと野球の外野席くらいの感覚なので、気軽に見れてよいかなあと思っています。

4ヶ月前

3 Good!

すみお

1歩1歩ですね。

4ヶ月前

3 Good!

しばひふ

グランプリファイナルに出場したことで、1人でも多くの方に聴いていただける機会となったんだと感じます。

4ヶ月前

3 Good!

たっちゃん

皆さんおはようございます。 最後の追い込みです。皆さんよろしくお願いします

4ヶ月前

11 Good!

しばひふ

三浦さん、お返事ありがとうございます。 良い意味ではライブハウスの試行錯誤により、ライブが身近になりました。

4ヶ月前

12 Good!

式部

三浦さん、お返事ありがとうございます!!コロナ前には戻れない!っとしっかり認識を改めて新しい一歩を踏み出す覚悟が必要なんですね!おかずのりさんはいろんなライブハウスさんで呼んでいただいているので、ここがホーム!っというライブハウスさんは無いと、私は認識していますが、何度もライブへご出演されているライブハウスさんへのご恩はきっと感じていらっしゃる方なので、何かあれば動かれると思います!救済企画のCD参加もされていましたし!私も応援させていただきました。この苦境を少しでも多くのライブハウスさんが乗り越えてくださる事を願って止みません。

4ヶ月前

11 Good!

いろは

三浦さんお返事ありがとうございます😊今後のイベントももっと楽しみになります!

4ヶ月前

11 Good!

ラフロイグ 三浦

しばひふさん。 コメントありがとうございます。 そうですね。まずはチャンネル登録から始めるで正解だと思います。 おかずのりさんもそうですが、知られる機会がないだけで、魅力的なコンテンツをもっているアーティストやライブハウスは多いと思います。それらが知られる転機となると良いですね。

4ヶ月前

12 Good!

ラフロイグ 三浦

いろはさん。 コメントありがとうございます。 コロナ後のライブハウスで変わったことは、配信用の機材が整ったことだと言えます。 グランプリファイナルも予選の頃と現在では、各会場の装備は各段に良くなっているかと思います。 まずは、YouTubeなどのツールの活用を進めることが大事だと思いますが、MUDIAのようなイベントもスケールアップしていくのではと思っています。

4ヶ月前

12 Good!

ラフロイグ 三浦

式部さん。 コメントありがとうございます。 ライブハウスが生き残れるかは、これから先1年のライブ配信に、どれだけ注力できるかだと思います。コロナ前の状態には戻れないかと。 おかずのりさんもホームのライブハウスがあるかと思いますが、まずは、「場所」を守る必要があるかと思います。

4ヶ月前

12 Good!

しばひふ

本当に知らなかったことばかりでした。 YouTuberってそれだけで生活できる人がいるってよく聞きますが、チャンネル登録者数が1000人を越えることってそう簡単なことではないのですね。 実際にライブハウスに足を運ばなくてもいろいろなアーティストさんの歌を聴けるなんて配信ライブって良い!と簡単に考えていましたが、今後のライブハウスの存続には収益を見越した配信をしなくてはいけないのですね。私もまずは登録から。

4ヶ月前

12 Good!

いろは

数字にされているのですごく理解し易かったです😊YouTubeなどのコンテンツを上手く使えるかどうかが今後の発展に繋がるんですね。

4ヶ月前

11 Good!

式部

三浦さんのこのレビュー!素晴らしいですね!!!!大変勉強になります!!(*✧×✧*)おかずのりさんもやっとYouTubeの登録者さまが180人になりましたが、定期的に動画を上げていった事が増える結果となっていると思います!今回のMudia総合部門グランプリファイナルでも、きっと新たにおかずのりさんを知った方々がチャンネル登録してくださると思ってますし、私も良いアーティストさんのチャンネル登録はしたいです♪Mudiaさんのように毎回出るアーティストさんが違うと、このような大規模なイベントが終わると登録を外す人が出るかもしれないので、そこをどう外させないか!も大切ですよね。今後のライブハウスさんの生き残りのためにも、ライブ配信を如何に上手く活用していくか…ファンも含めて考えていけたら良いですね❀︎.(*´▽︎`*)❀︎.

4ヶ月前

10 Good!

ログイン

新規会員登録

バナー

バナー